クラウド会計を推奨します!

石川公認会計士事務所では、マネーフォワードクラウド会計やfreeeなどに代表されるクラウド会計を推進しております。

クラウド会計とは

クラウド会計は、今までのPCにインストールして使用するものとは異なり、インターネット環境があればPC上もしくはタブレット等でも使用できる会計ソフトです。なので、いつでもどこでも利用でき、データもサービス提供会社のサーバー内に常に自動保存されているため、いつでも最新のデータで作業が可能です。

 

クラウド会計の特徴

1.常に最新の環境で利用できる。

 従来のインストール型のソフトであれば、定期的にバージョンアップで追加プログラムをインストールしないと最新の税務・会計基準やシステム上の改修を受けられなかったですが、クラウド会計ではそのような手間は一切発生せず、つねに最新のソフトウェア環境を利用できます。

2.各金融機関やクレジットカード会社とのデータ連携 

 ネットバンキングやカード会社のIDとパスワードをクラウド会計ソフトに登録することで、銀行やクレジットカードの利用履歴をクラウド会計ソフトが読み込みAIによって仕訳を作成してくれます。これによって、仕訳を起票する手間が大幅に軽減できます。ただし、初期のAIでは適切な勘定科目で仕訳を作成されない場合もあり、初期の設定が重要になります。

3.自動バックアップ

 クラウド会計ソフトは、サービス提供会社のクラウドサーバーにデータが自動保存されますので、最新のデータが常にクラウドサーバー上にあり、万が一PCがウィルス感染や破損があっても安全です。

クラウド会計のデメリット

上記のように便利な機能が多いクラウド会計ですが、費用や運用面について気を付けなければならないことがあります。

1.維持費用が掛かる。 

 一般的なインストールして利用するソフトは一回ソフトを購入してしまえば、そのあとのコストは基本無料ですが、クラウド会計ソフトは月単位もしくは年単位でソフト利用料が発生します。各サービス提供会社の最小プランであれば無料となっておりますが、本格的に事業を運営している方ではとても無料プランの範囲でカバーすることができません。
 なお、2019年1月現在で、Freeeの法人プランのミニマムで年間23,760円(税抜)、マネーフォワードクラウド会計のライトプランで年間21,780円(税抜)かかります。

2. クラウド会計ソフト特有のミスに注意

 上記に記載した通り、AIによる自動仕訳ができる反面、AIの自動仕訳のことを忘れて手動で同じ仕訳を入力してしまったり、AIの仕訳自体が適切ではないこともあり、クラウド会計ソフト特有のミスが発生することがあり、また、発展途上のため特殊な業種や複雑な仕訳に対応できてない場合もあります。

freeeとマネーフォワードどちらがいいの

ここでは推奨しているfreeeとマネーフォワードクラウド会計について比較いたします。個人的な見解も入りますのでご容赦ください。なお、基本的な機能については、両者ともにほぼ同じです。

freeeについて

  • 会計ソフトの開発運営から領収書の取込によるAI起票や確定申告までfreee製品で一貫して行うことができる。AIによる自動仕訳に重点を置いているといえる。
  • 手動起票する際、既存の市販会計ソフトに慣れている方にとっては、使いにくい感がある。特に簿記の基礎知識がある人は違和感が大きいと思われる。
  • 片方の勘定科目を入力すると相手勘定が自動設定されている都合上、複雑な仕訳を起票する際に設定画面から都度追加登録が必要。
  • 簿記などの会計知識がない人でも仕訳を起票できるように言い回しや各種機能を工夫している。
  • よって、freeeは小規模の個人事業主・法人が利用することを推奨します。

マネーフォワードクラウド会計について

  • 会計ソフト周りは自社で開発運営しているが、領収書の取込によるAI起票や確定申告(電子申告)などは別会社機能との連携を行っている。
  • 手動起票する際、既存の市販ソフトになれていたり、簿記の基礎知識がある人にとっては、違和感なく仕訳の起票ができる。
  • 借方、貸方とも自由に勘定科目入力が可能であるため、複雑な仕訳の起票も容易に可能。一方で簿記知識がないと間違えるリスクも発生する。
  • 部門別集計機能や他社への分析ツールの連携が充実しており、より経営分析に重点を置いている。
  • よって、マネーフォワードクラウド会計はこれから事業を拡大したい、もしくは事業がある程度大きくなった個人事業主・法人が利用することを推奨します。

石川公認会計士事務所では、freeeやマネーフォワードクラウド会計の導入コンサルティングや同クラウド会計ソフトを利用した記帳・税務申告を推進しております。ご興味がある方は、ぜひお問合せいただければと思います。

無料相談・お問合せはこちら

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。

メールでのお問合せは24時間受け付けておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

受付時間:9:30~17:30
定休日:土曜・日曜・祝日

インフォメーション

お問合せ・ご相談

お問合せはお電話・メールで受け付けています。
メールでのお問合せは24時間受け付けております。
初回相談に限り東京23区内であれば、無料で伺います。
首都圏の場合、交通費の実費を申し受けます。ご了承ください。

受付時間/定休日
受付時間

9:30~17:30

定休日

土曜・日曜・祝日

アクセス

〒110-0016
東京都台東区台東1丁目38-9 イトーピア清洲橋通ビル5F-16

・JR秋葉原駅
昭和通り改札より徒歩12分
タクシー4分

・東京メトロ秋葉原駅
1番出口より徒歩12分
タクシー4分

・つくばエクスプレス 秋葉原駅
A3出口より徒歩12分
タクシー4分

・JR浅草橋駅
西口より徒歩12分
タクシー4分

・都営地下鉄 浅草橋駅
A4出口より徒歩12分
タクシー4分

クラウド会計ソフトなら「マネーフォワード クラウドシリーズ」