仮想通貨の税務上の取扱い

仮想通貨とは…

 仮想通貨とは、デジタル通貨の一種で、通常、開発者によって発行・管理され、特定の仮想コミュニティのメンバー間で使用され、受け入れられているものを指します。
 仮想通貨で、もっとも有名なのは、ビットコイン(BTC)でしょうか…。そのほかにイーサリアム(ETH)、ライトコイン(LTC)など、非常に多くの仮想通貨が現在出回っています。当然デジタル通貨ですので、実際に存在しているわけではなく、データ上のみで取引されているものです。
 世界中で認知され、取引されているため、法定通貨を無視して世界から資金調達するには非常に有用なものになりつつあります。

仮想通貨にかかる税金

 仮想通貨は、金融庁でも『通貨』として取り扱われるとして、2018年現在は消費税について非課税となっております。
 仮想通貨の取引によって得られた利益部分については、雑所得として所得税が課税されることになります。なお、最初に仮想通貨を買い、それをそのまま保有し続けている限りにおいては評価益になっていても課税されることはありません。
 雑所得=仮想通貨取引で得られた利益(※)ー必要経費(取引手数料など)

※ここで注意されたいのは、仮想通貨取引で得られた利益とは日本円など法定通貨に換金した利益のみならず、仮想通貨同士を交換した場合や商品と交換した場合もその時点で利用した仮想通貨の評価額と購入した当時の仮想通貨の価格の差額が利益額として確定されてしまいます。
 また、雑所得が損失になったとしても、その損失を他の所得(例えば事業所得など)と通算(利益と損失を相殺)することができません。

無料相談・お問合せはこちら

お問合せ・ご相談は、初回はお問合せフォームにて受け付けております。

メールでのお問合せは24時間受け付けておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

受付時間:9:30~17:30
定休日:土曜・日曜・祝日

インフォメーション

お問合せ・ご相談

お問合せはお電話・メールで受け付けています。
メールでのお問合せは24時間受け付けております。
初回相談に限り東京23区内であれば、無料で伺います。
首都圏の場合、交通費の実費を申し受けます。ご了承ください。

受付時間/定休日
受付時間

9:30~17:30

定休日

土曜・日曜・祝日

アクセス

〒110-0016
東京都台東区台東1丁目38-9 イトーピア清洲橋通ビル5F-16

・JR秋葉原駅
昭和通り改札より徒歩12分
タクシー4分

・東京メトロ秋葉原駅
1番出口より徒歩12分
タクシー4分

・つくばエクスプレス 秋葉原駅
A3出口より徒歩12分
タクシー4分

・JR浅草橋駅
西口より徒歩12分
タクシー4分

・都営地下鉄 浅草橋駅
A4出口より徒歩12分
タクシー4分

クラウド会計ソフトなら「マネーフォワード クラウドシリーズ」