平成30年度 税制改正情報(資産課税)

事業継承税制の特例の創設

事業継承税制とは事業を他に移譲する際に、本来かかる相続税・譲与税を免除するものです。
 現行の事業承継税制(非上場株式の贈与税・相続税の納税猶予)に加え特例措置を創設しました。その内容は次のとおりです。

(1)適用要件の緩和
①全株式が納税猶予の対象となる。
②猶予割合100%。
③雇用要件は弾力化され、5年後に経営の悪化等で平均8割の要件を満たさなくなっても、一定の要件(認定支援機関の助言指導)を充足すれば納税猶予の期限は確定しない。
④代表者以外の者からの株式贈与も対象とする。
⑤承継者が贈与者の推定相続人以外の者でも一定の要件を満たせば相続時精算課税の適用を受けることができる。
⑥承継人は最大3人まで可、その全員が代表権をもつ。

(2)環境変化に対応した負担軽減
 経営環境の変化を示す一定の要件を満たす場合において、5年経過後に非上場株式の譲渡、合併により消滅、又は解散を余儀なくされた場合には、その時の株式を相続税評価額で再評価して贈与税額等(贈与、相続、遺贈を含む)を計算し、当初の猶予税額を下回る場合には、その差額を、免除する(譲渡、合併の場合には制限あり)。
 この特例適用は、平成30年1月1日から平成39年12月31日までの間の贈与等です。しかし、適用可否の需要な点は、平成30年4月1日から平成35年3月31日の5年間に一定の承継計画を都道府県に提出、かつ、経営承継円滑化法の認定を受けており、税務署へ申告していることが前提となっていることです。

無料相談・お問合せはこちら

お問合せ・ご相談は、初回はお問合せフォームにて受け付けております。

メールでのお問合せは24時間受け付けておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

受付時間:9:30~17:30
定休日:土曜・日曜・祝日

インフォメーション

お問合せ・ご相談

お問合せはお電話・メールで受け付けています。
メールでのお問合せは24時間受け付けております。
初回相談に限り東京23区内であれば、無料で伺います。
首都圏の場合、交通費の実費を申し受けます。ご了承ください。

受付時間/定休日
受付時間

9:30~17:30

定休日

土曜・日曜・祝日

アクセス

〒110-0016
東京都台東区台東1丁目38-9 イトーピア清洲橋通ビル5F-16

・JR秋葉原駅
昭和通り改札より徒歩12分
タクシー4分

・東京メトロ秋葉原駅
1番出口より徒歩12分
タクシー4分

・つくばエクスプレス 秋葉原駅
A3出口より徒歩12分
タクシー4分

・JR浅草橋駅
西口より徒歩12分
タクシー4分

・都営地下鉄 浅草橋駅
A4出口より徒歩12分
タクシー4分

クラウド会計ソフトなら「マネーフォワード クラウドシリーズ」